2人のご夫婦が紡ぐ、志士へ思いを馳せる屋敷「吉村虎太郎邸」へ行こう!

吉村虎太郎邸

津野町おすすめスポット津野町

高知県といえば坂本龍馬! そして、龍馬と共に時代に穴を開け、活躍したたくさんの志士たちがいる。そのうちの1人が「吉村虎太郎」だ。津野町出身で明治維新の先駆け、自身で天誅組を組織し、倒幕に命を燃やした志士。ここ「吉村虎太郎邸」では、津野町の観光情報を発信するかたわら、地元の食材を使った食事も提供している。

茅葺屋根が特徴的な屋敷で、当時の面影を残す歴史的建造物。平成27年に復元し、今年で7年目を迎える。屋敷下に駐車場があるが、足が不自由な方は、車を「吉村虎太郎邸」横に駐車することができる。

この施設を運営されている豊田さんご夫婦(右・庄二さん、左・坂江さん)。吉村虎太郎のことを「先生」と呼ぶお二人は、「吉村虎太郎邸」復元の企画当初から携わってきた。訪れるのは観光客だけでなく、地元住民の交流の場としても欠かせない場所となっている。

500円で着物をレンタルできる体験があり、着方がわからない方でも、坂江さんが着付けを教えてくれるから安心。小学生サイズの着物もあるため家族で楽しめる。周辺を散策して、タイムスリップした気分に♪

吉村虎太郎は「一心公平無私」という言葉を残しており、「私利私欲のない、がむしゃらに世のために動くことを貫いた、虎太郎の思いは見習わないといけない」と話す。そして、邸内では貴重な資料だけでなく、映像を通して吉村虎太郎の生涯を知ることもできる。

最初の頃は、お茶やコーヒーを提供していたが、訪れた方や地元の方にも「料理も食べたい!」という声があり、地元の食材を使った食事も提供するようになった。豪快なかき揚げがのった「天忠うどん」(550円)。注文が入ってから丁寧に揚げる旬のかき揚げは、熱々&サックサク! また、3日前までの予約で食べられる地元で採れた旬の山菜や川魚が入った「虎太郎御膳」(1200円)もおすすめ。

料理だけなく、津野町産のつのやま茶やほうじ茶大福のセット(500円)の提供もしている。土日祝には、つのやま茶と和菓子のセット(500円)も!

邸内では、お土産販売も行っており、購入した商品を手作りの新聞バックに入れてくれる。

邸内にはFreeWiFiがあるため、縁側に座って仕事をする人もいるのだとか。吉村虎太郎のことを知るだけでなく、虎太郎が愛した地域の景色を、縁側から眺めることで、日々の疲れを癒してみてはいかが?

この「吉村虎太郎邸」は、現在開催中のスマホを利用した非接触型スタンプラリー「ツノスタ」のスタンプポイントにもなっている。訪れた際には、スタンプをお忘れなく!