2008年12月号掲載 フラワーカンパニーズ

アルバム発売日に高知でライブ、めでたいですね。当日はみんなで祝いましょう!


●高知には何回ぐらい来られているんですか?

何回ぐらいだろ? 天然色劇場で野外ライブをする時に初めて来て、それから少なくとも10回以上は来ているはずですよ。高知といえば、肉の門田のコロッケとメンチカツ。来る度に買って食べるほどお気に入りです。あと、人も気候もあったかい。これに尽きますね。

●11月26日に再来高を果たされますが、この日はアルバム「たましいによろしく」の発売日だそうですね。
アルバム発売日に高知でのライブ、なかなかめでたいですね。歌の世界をより良く聴かせたい、って思いが強く出た作品になったと思います。このアルバムからメジャー復帰になるんですが、特に何も変わらず、今までどおり自分達が築き上げてきたものを続けていくつもりです。自分たちの音楽がよりかっこよく、より広く届くようになればいいなと思ってます。

●そんな記念日に行われるライブ、ずばり見所は?
そりゃもう全部です。歌と演奏は勿論ですが、MCや衣装、匂いにも注目してもらいたいです。アルバムの曲を合わせて、ベスト的選曲になるはずなので、ライブに来てもらえればフラカンがどんなバンドか分かってもらえるのではないでしょうか。

●バンドを結成されて19年になりますが、ここまで長くバンドを続けてこられた理由は何でしょうか?
簡単に言えば、あんまり考え過ぎない事かな(笑) あとは、やっぱりライブの存在が大きいですよ。全国各地で1年中ライブをしていますが、全然飽きない。バンドをやっていて1番嬉しいのが、いいライブができた時、いいヴァイブを感じる瞬間。これがあるから、今まで音楽を続けて来れたんだと思います。もちろんこれからも続けていくつもりです。

●アルバムとライブを心待ちにしているファンに一言お願いします。
11月26日はみんなでキャラバンサライに集合して、アルバム発売のお祝いをしましょう。「たましいによろしく」をよろしく。そして、フラワーカンパニーズをこれからもよろしく。あと、この日はシングル「この胸の中だけ」と、ボーカルの鈴木が出版する本「三十代の爆走」の発売日でもあるので、こっちの方もぜひともよろしく(笑)

 


フラワーカンパニーズ

写真左より、ミスター小西(Dr.)、竹安堅一(Gt.)、鈴木圭介(vo.)、グレート前川(Ba.)。1989年、中学・高校の同級生だった4人が名古屋市にて結成。以来、オリジナルメンバーで活動をし続けるロックバンド。笑いあり、涙ありの圧倒的なライブパフォーマンスに、業界関係者のファンも多い。

New Albim「たましいによろしく」
3000円・11月26日発売 2年4ヶ月ぶりに発売となるニューアルバム。フラカン流「喜怒哀楽」がギッシリ詰まった12曲を収録している。初回限定盤にはビデオクリップを収録したDVD付き(3300円)。

その他のインタビュー記事