2008年12月号掲載 片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ

色んな感情が詰まったライブをお見せするので、高知の皆さんにもぜひ1度見てもらいたいですね


●大学で結成されたそうですが、当時のメンバーの印象を教えて下さい。

片山尚志(以下、片):正直覚えてないですね(笑) 大学内に軽音サークルが何個かあって、僕と安藤と大橋は一緒のサークルに所属してたんですが、東と河嶋は別のサークルにいたんですよ。合同でライブをしたり、何回か一緒に飲んでたので、軽く知り合いではあったんですが、深い仲になったのはバンドを結成してからですね。

●バンドを結成するきっかけは何ですか?
片:僕と安藤が、学園祭でオールディーズのカバーバンドをやろうと思ってバンドを組んだのがきっかけですね。そこでわりと評判が良くて、それでライブハウスでもやってみたら、また評判が良くて、オリジナルの曲をやってみたら、これまた好評で… という感じで、トントン拍子に活動の幅が広がっていきましたね。
大橋吐夢:外から見ていてもすごい順調だなというイメージがありますね。学内のちょっとした有名人になってましたから(笑)
片:そういえばそうやったなあ(笑) それで、今から5年ぐらい前に現メンバーに落ち着いたんですが、そこから全くトントン拍子にいかなくなったんですよ(苦笑) なかなか形にならなくて、2年弱ぐらい試行錯誤を繰り返して、ようやくすんなりいくようになりましたね。

●アルバム「生まれてはみたものの」の紹介文に「ハッピーエンドを目指す」とありますが、みなさんにとってのハッピーエンドとは?
安藤亘:矢沢永吉さん的に言うと、「ビッグになること」ですね(笑)
片:その通りですね(笑) 具体的には、ものすごく目を凝らさないと見渡せないぐらい、たくさんのお客さんがいる前でライブをしたいなと常日頃思っています。

●やはりライブが1番ということでしょうか?
片:そうですね。もちろん、完成したアルバムがすごく愛おしかったり、他にもいろんな場面でいろんな喜びがあるんですが。今まで散々ライブをやってきたけど、全然飽きないので、多分一生続けていくと思います。ライブハウスってこんなに楽しいところだったんだと思ってもらえるようなパフォーマンスをお見せするので、色んな人にぜひ足を運んでもらいたいですね。

 


カタヤマブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ

前方、片山尚志(Vo.)、後方左より、河嶋大樹(Dr.)、東慎也(Gt.)、大橋吐夢(Ba.)、安藤亘(Gt.)。地元・京都を拠点に、中心に精力的な活動を続ける中、昨年10月にミニアルバム「我楽ノススメ」にてメジャーデビューを果たす。激しいライブパフォーマンスと圧倒的な演奏力で、ライブの魅力を伝え続けるロックバンド。

1st Full Album「生まれてはみたものの」
2625円・発売中 リズミックな歌詞と抜群のグルーヴ感たっぷりの全10曲入り。いいこと、嫌なこと、両方を抱えて生きる日常をパッケージした1枚。

その他のインタビュー記事