2012年9月号掲載 ブラスト

高知のみんなに見に来て欲しい! みんなが来てくれると

やる気のスイッチが一段階あがるんです! 

●去る5月に春花まつりにて、土佐女子高校生と共演されていましてが、演奏はどうでしたか?
米所:(以下、米)すごいおしとやかな女性が多く、そのおしとやかさが演奏にも出ていて繊細な音色を感
じました。
石川(以下、石):みんな真面目で、先生の言うことをよく聞いていますね。今回のコラボ演奏で学生たちにステージを楽しむきっかけを作ってあげれたんじゃないかと思います。

●石川さん! 今回のツアー限定ですが、電撃復帰おめでとうございます!
石川:ありがとうございます。去年の東大震災をきっかけにいろいろ考えることがあって、またツアーに参加したいと強く思ったんです。ただ、今後続けていくとかは考えていなくて、今回の47都道府県を全て回るツアーをやり遂げたいと思ったので戻ってきました。

●震災が大きなきっかけになったんですね?
石:そうですね。震災を通して改めて自分がパフォーマンスをする人間、音楽をする人間だと感じました。自分ができることで貢献しないと意味がないんじゃないかと感じました。音楽でチャリティー活動や、音楽指導を各地でやってきましたが、やっぱり、「ブラストというショーを通してパワーを与えていきたい」と思ったんです。ブラストのショーは、「飲んだら元気になる、見たら元気になる」。まるで栄養ドリンクみたいなショーなんです。まさにそれが、僕自身がやりたいことなんです!

●昨年のオーディションに合格した米所さんは、初めての日本ツアーですね。
米:はい。とても緊張しますね。でも、緊張をすることによって自分のスキルも上がっていくので、その緊張をプラスにしたいと思います。

●ブラスト3年ぶりとなる今年のツアーの見所は?
米:僕とカラー・ガードの和田さんを含め、2/3以上が新しいメンバーになっているんです。20代前半のパフォーマーが多いので、若さ溢れるエネルギッシュなものを伝えられることは、今までとは違った見所なのではないかと思います。

●最後に読者へ一言
米:ブラストというショーは、幅広い世代から楽しめる内容になっていますのでぜひ、遊びに来て欲ください。
石:必ず素敵な時間を提供します。その瞬間をぜひ、肌で感じてください!会場でお待ちしております!



【blast】
写真左より、米所裕夢(トランペット)、石川直(パーカッション)。近年のブラスバンドブームの火付け役と言っても過言ではないblast。12種類以上の金管楽器と51種類ものパーカッションを駆使し、常識では考えられない動きを繰り広げる。 

●次回公演 場所:高知県立県民文化ホール オレンジホール 日時:9月28日 19:00開演、29日 13:00、18:00開演 問/088-822-4488(DUKE)

 

その他のインタビュー記事