2012年8月号掲載 ET-KING

ライブを通して大好きな高知の事をもっと知りたい!

そのためにも、必ずまた高知に帰ってきます! 

●先日の高知ライブはいかがでしたか?
イトキン(以下、イ):最高に楽しかったです。ライブをするまでにたくさんのスタッフが関わり、新たな仲間ができます。そして、その仲間で作りあげたものを大勢の人の前で披露をする。そこで僕たちの思いをみんなで共感できるなんて最高ですよ。ライブでお客さん同士も友だちになってくれたら、ら、なおさらいいなと思います。まさに冒険ですよね。
TENN(以下、T):いつも高知でのライブは楽しいです。ファミリーで来てくれている印象が強いですね。でも、お子さんと一緒だと抱っこをしたまま見ないといけない状況になるかと思います。だから、いつかは家族でゆっくり見れるような環境でライブもしたいなと考えています。

●アルバムにも収録されている、母親目線で書かれた「mother」を作るきっかけは?
T:サッカーの日本代表・長友選手との交流がきっかけになりました。いつも僕たちの曲を聴いていてくれたので、次は僕たちが彼に恩返しをしたいと考えていたんです。その時に彼のお母さんが子育てに関する本を出版したんです。その時に、以前から「母」をテーマにした楽曲を作りたいと考えていた僕たちが、本のエピソードをもとに曲を作ることが恩返しになるんじゃないかと思って制作をしたんです。
イ:大きな挑戦でした。なぜなら、今までは大切な人をはじめ、目の前にいる人へのメッセージを曲にしていたので、相手側の立場になって楽曲を制作することはとても難しかったですね。でも、この曲で改たな一面を築くことができたんじゃないかと思います。相手の気持ちを100%理解するのは無理やけど、それを100%の力で理解しようとしてくれるのが母親なんですよね。
TENN:子育てが終わった人、これから母親になる人など、いろんな人に聴いて欲しい。もちろん、女性だけでなはくて男性も聴いて欲しい1曲に仕上がっています。

●最後に読者へ一言
T:新しい曲ができたらすぐに高知へ帰ってくるので、その時はぜひライブに遊びに来てください。僕たちはもっともっと高知の事を知りたいんです!
イ:疲れや、緊張感があると思うけどが体を大事に。高知はとてもいい環境だと思うから、自分の住んでいる街を大事にしてください。そして、また高知ライブをしたいのでぜひ呼んでください。応援よろしくお願いします。



【ET-KING】
写真左より、TENN、イトキン。7人編成の音楽グループ。「お祭り」のようなパフォーマンスで笑いあり、感動ありのライブを展開。シングル曲「mother」を収録したアルバム「家族歌集」●2000円発売中 また、7/ 25(水)には16thシングルになるラブソング「男は気持ちを伝えたい」リリース。

 

 

その他のインタビュー記事