2011年10月号掲載 DIR EN GREY

海外ライブにて吸収してきた力を高知で爆発させます! 10月9日に会場で会いましょう!

●10月9日の高知ライブはニューアルバムを引っさげての敢行なりますが、アルバムの仕上がりは?
とても激しく複雑で、DIR EN GREYらしく仕上がりました! 制作期間も過去最長で、1年以上をかけた自信作になっています。今まで誰も聴いたことがない音楽を作ることを意識をして、こだわり抜いた作品になっています。

●民俗音楽など数々のテイストを含だ楽曲が特徴だと思いますが、誰のアイディアなんですか?
そうですね。メンバー各々が持つアイディアからですね。自分は洋楽より日本のメロディーが好きなんですよ。

●X JAPANのYOSHIKIをプロデュースに迎え、メジャーデビューを果たしたんですよね?
はい! 僕はX JAPANの影響を受けいたので、とても嬉しいことでしたね。当時、そのことが話題になったことを憶えています。

●海外でのライブも行っていますが、いつから海外進出が始まったのですか?
2005年に海外からオファーが届いたのがきっかけですね。ヨーロッパやアメリカでライブを行うことが多いです。どちらも、日本のライブとは全然違いますね。特にヨーロッパは、独特な雰囲気が強く印象深いです。また、海外でライブをするようになって、日本人としての誇りを持って自分たちの音楽を伝えていくようになりました。

●今後の活動予定を教えて下さい。
今回のニューアルバムを長期に渡って、プロモーションをしていきながら、新しい楽曲のレコーディングに励んで行きたいと思います!

●最後に高知ライブの意気込みをお願いします!
高知ライブまでに海外10ヶ所でライブをしてきます。そこで吸収してきたことを高知ライブにて披露するので、ぜひ楽しみに待っていて下さい!






DIR EN GREY●ディル アン グレイ
今や欧米でも確かな支持層を確立しながら、カテゴライズ不能かつ不要なロックバンドとして人気を集めるDIR EN GREY。楽曲はもちろん、会場とステージが一体する圧倒的なライブパフォーマンスにて聴くものを彼らの虜にしている。New Album「DUM SPIRO SPERO」●3150円・発売中 従来のコアファンから絶大な支持を集めるのみならず、ギターキッズや洋学偏重型の音楽ファンも含め、刺激を求めるすべてのへヴィロックファンに受け入れられる仕上がりに。 「激しさとこの胸の中で絡み付いた灼熱の闇」「LOTUS」、「DIFFERENT SENSE」といった先行シングルを含む全14曲を収録!

 
 

その他のインタビュー記事