2008年8月号掲載 もりきこ

もりきこを結成するきっかけになったビートルズは、
2人にとって神様のような存在です


●7月20日の高知ライブが初来高だったそうですが、高知はいかがでしたか?
四国に上陸したのも初めてだったんですが、本場のカツオのタタキを食べたり、太平洋を眺めたり、なかなかいい経験ができました。ライブも楽しかったですね。僕らは元々ライブバンドですから、CDとはまた違ったアグレッシブな側面をお見せできたかなと思っています。

●ビートルズを聴いたのがきっかけで結成されたそうですが、やはり1番影響を受けたアーティストになるのでしょうか?
そうですね。ビートルズは僕らにとって神様のような存在です。もともと同じバンドを組んでたんですが、うまく続かずに自然消滅しちゃったんですよ。その頃ビートルズに目覚めました。結成したての頃は、路上ライブでよくビートルズのカバーをしてましたね。今でもよく聴きますが、そのたびに新たな発見や感動がありますし、僕らの楽曲にも影響は色濃く反映されていると思います。あと、2人組ということでサイモン&ガーファンクルにも少なからず影響を受けていますね。彼らもやっぱり僕らにとって神様みたいなもので、理想とすべき2人組です。

●いろんなジャンルの音楽を取り込まれていますが、楽曲の製作はどのように行うのですか?
2人がそれぞれの異なる感性で曲の骨組みをある程度まで作ってから、アレンジの段階で色々な音楽の要素を取り入れつつ、2人で肉付け、色づけをしていくという感じですね。さっきビートルズやサイモン&ガーファンクルに影響を受けたと言いましたが、洋楽、邦楽含めて他にもいろんなジャンル、アーティストの音楽を聴くんですよ。それが楽曲作りに活かされていると思います。

●「20代キッズ~真紅なる調べ~」も同様の作り方をしたのですか?
はい。前のアルバムをリリースしてから今作は、さらにバラエティ豊かな楽曲に仕上げられたと思います。マンドリンやシタールなんかも使ってみたんですよ。今まで触ったことが無くて、必死に手探りで演奏しているので、そこも聴き所かな(笑) 僕らが提唱する「ヴィンテージフォーキーロック」が堪能できる作品に仕上がったので、ぜひ聴いてみてもらいたいですね。

 


モリキコ
1998年、小学校からの幼なじみだったDANNYとJUNNYにより結成。路上ライブから始めた活動の幅を徐々に広げ、昨年に初の全国リリースとなるアルバムを発表。自身の音楽を「ビンテージフォーキーロック」と銘打ち、フォークデュオながら様々なジャンルの音楽を吸収したサウンドに注目を集める。

New Album「20代キッズ~真紅なる調べ~」
1600円・発売中 先行シングル「サンシャイン/ニワトリマン」など、カラフルなギターサウンドとパワフルなハーモニー、バラエティ豊かな楽曲が詰まった全8曲入り。

その他のインタビュー記事