〈カフェと○○〉築120年のお屋敷で 抹茶と和菓子を

古民家カフェ 半平

グルメ四万十町

築120年のお屋敷で抹茶と和菓子を

明治34年に実業家「都築半平」の別邸として建てられた歴史ある日本家屋を利用。四万十川流域の優れた建築資材が使用されており、透し彫りが施された欄間や床の間の装飾が美しい。抹茶のパフェやぜんざいといった甘味を味わいながら、お庭を眺める癒しの時間。建物内は見学可能なのも嬉しい。イベントやワークショップなども開催されているので、Instagramでチェックしてみて♪

 

伝統的な日本家屋でいただけるのは、三代続く老舗和菓子屋「松鶴堂」のお菓子を盛り込んだ「抹茶と和菓子のセット」(600円)。

 

ンプルながらも細部が繊細に仕上げられた日本の建築技術に注目。季節の花木が手入れされた趣のある日本庭園も美しい。