ニシ貝に隠された秘密とは⁉️ 「かこいのくら」へ潜入!

四季和想食かこいのくら

高知市中心街

体はおっさん、頭脳は子ども!

バロー! すっかり寒くなってまいりましたが、皆様お元気でしょうか?

私はばっちり風邪を引いて喉がイガイガ痛いです。でも今日も飲みます。

なぜなら僕はナガサワ、酒探偵だからさっ。

 

 

ばっちり決まったところで、今回は廿代町編最後の居酒屋となる「かこいのくら」さんへと潜入取材した模様をお届けします。

ご覧の通り落ち着いた雰囲気で、カウンターあり、テーブル個室あり、さらに座敷もありと、ありとあらゆるシチュエーションでお役立ち間違いなし! 僕のように恥ずかしい格好をしていても、個室があるから安心だね!

 

料理も手間暇をたっぷりかけた和食を中心に提供、ということで早速実食!

 

まずはこちら。

はい、「かつおの塩たたき」(1000円)でございます。

やっぱり外せませんよねぇ。これがまた美味い! 鮮度が良いのはもちろんですが、黒潮町の天然塩が味わい深くて、カツオの旨味をより強調してくれます。

 

そしてどーん、「牛タンステーキ」(1300円)

肉厚な牛タンをさっと炙っており、コリコリモニュモニュ… たまりません!

こちらも天然塩、もしくは醤油、どちらかを付けて食べられるのも愉し。僕ナガサワ。

 

揚げ物も美味なんですよー!

こちら一見ただのコロッケ… しかしがぶりと噛めば、あれあれー不思議だカツオの風味!

そう、「自家製かつおクリームコロッケ」(550円)なんです。

名前の通りクリーム仕立てで、外サクッ中トロッ! 僕ナガサワ!

日本酒でもビールでもイケますね。うんうん。

 

さてさて、ここで真打登場でございます。はいどーん!

「ニシ貝のつぼ焼き」(750円)でございます。

磯の香り高いニシ貝に卵や三つ葉を合わせており、ほんのり甘くて旨味たっぷり!

でもでもノンノン、何か見落としちゃいないかい? ほら、お皿の横にグラスがあるのを…

貝殻をグラスへ傾ければ… あれれー、おダシが出てきたぞー!

そうなんです。身を食べ終わった後は、貝のエキスが溶け込んだおダシを飲めるんです。これがまた美味!飲みのシメにもピッタリです。

 

お腹も心も大満足! …そういえば何か忘れているような?

そうでした、こんな僕をこんな格好にした犯人探し! 今回は残念ながら見つからずということで、また来月も居酒屋巡り… もとい、犯人探しを頑張るぜっ!

来月もお楽しみにー♪

 

 

見てくれなきゃこうだよ!

 

 

Next Nagasawa’s HINT!

「鶏だけど豚?」

 

その他のグルメ記事