村長からの挑戦状! 卵焼きの中にはある秘密が…?

村の集会所

高知市中心街

体はおじさん、頭脳は子ども!

バロー! 恥ずかしながら帰ってまいりました、酒探偵ナガサワです。

前回に引き続き「廿代町界隈編」をお届けいたします。

今回訪れたのは、「村の集会所」。

中に入った途端、おばんざいがお出迎え。うーん、美味しそう。

こんな感じでアットホームな雰囲気たっぷりですが、「オリジナリティ溢れる料理がたっぷりで美味しい!」とのタレコミがありましたので、店長ならぬ村長さんにオススメを幾つか用意していただきました。

 

まずはこちら!

こちらなんと「大根唐揚げ」(500円)! 先に煮て味を染み込ませた大根を揚げており、外はサクッと中はジュワッと。こりゃあうまい!

 

続いて登場は「村の大角煮」(650円)。豚バラをブロックのまま豪快に煮込んでおり、食べ応え抜群!

 

「料理だけでなく、ドリンクもユニークなんですよ!」という村長。おもむろに運んできたのは…ただの生ビール?

「あれれー、普通だよー?」とつぶやきつつ、村長が持ってくるジョッキの大きさを見て愕然! めちゃめちゃ巨大!

こちら「メガジョッキ」を使っており、通常の生ビール(500円)の値段は倍(1000円)にして、中身はなんと2.5倍! 「はっははは…」とワタクシ思わずたじたじでございます。

 

そしていよいよ真打登場! …って今度はただの卵焼き?

すると村長、「こちら『玉ぎょ⁉︎』(500円)です!」。

「ぎょ⁉︎」とはこれいかに? 外見はいたって変わりなしなので、論より証拠、実食でございます!

 

ということで、実は餃子のタネが入った卵焼きだったんですねぇ。これが思いのほか合う! ボリュームもたっぷり、お酒にもぴったり! メガジョッキのビールも進むというものです。

 

そしてシメはこちら、「村の集会所焼き」(650円)!

山芋のとろろを生地に見立ててチーズやいろんな具を盛り込んでおりまして、ピザのような洋風お好み焼きのような… とにかく美味です、ハイ。

いやぁ、満腹満腹。美味くて安くて面白い! こんな居酒屋さん他には無いぜっ。

 

ということで今回はここまで! 次回もお楽しみにー!

Next Nagasawa’s HINT!

「汁が主役?」

その他のグルメ記事