2009年4月号掲載 lego big morl

4人の音が詰まった「Quartette Parade」と共に、ライブもぜひ楽しんで下さい


●お2人とも背が高いですね! 身長はどれぐらいあるんですか?
カナタタケヒロ(以下、カ):186センチですね。
タナカヒロキ(以下、タ):僕は178センチです。彼がいるから大きく感じるだけで、僕はそんなでもないですよ。

●いやいや、充分大きいです(汗) 背を生かして、何かスポーツとか?
カ:いろいろやりましたけど、そんなに身長が必要ないものばかりでしたね(笑) 今はビリヤードにハマっています。高校から始めたんですけど、面白いですよ~。マイキューとかも持っていますから。いつかビリヤード雑誌の表紙を飾るのが夢なんです(笑)
タ:ビリヤードをやれやれってうるさいから、しょうがなしに僕らもやるようになったんですよ。
カ:いや、みんな背も大きいし、やったら絶対うまくなるんですよ! だからみんなの為を思って、ねぇ(笑)

●仲がいいですねぇ(笑) 結成して約2年半でメジャーデビューと、短期間で大きく環境も変わったんじゃないですか?
カ:うん、もうとにかく激動ですね。
タ:実感が湧ききってなくて、なんか他人事のような感じです(笑) デビューできるなんて夢にも思っていなかったですからねぇ、しかもこんなに早く。

●そんな中、1stアルバム「Quartette Parade」が1月にリリースされましたが、このタイトルはどういう意味を込めたんですか?
タ:このアルバムには、ゆっくりしたものからアップテンポなものまで、いろんな曲を収録しました。だから、「Parade」というフレーズがいいんじゃないかと僕が提案したんです。そしたらベースのシンタロウが、「Qで始まる言葉を使いたい」って言い出して、辞書を引いてみたんですよ。で、「Quartette」が出てきて。そこからこのタイトルになりました。このアルバムはセルフプロデュースで、僕ら4人の音しか入ってません。そういう意味でピッタリのタイトルだと思います。
カ:個人的には7曲目の「Ray」から8曲目の「Noticed?」への流れが好きです。アルバムの第1章から第2章へ移るみたいな感じで。そんなとこにも注意して聴いてもらいつつ、3月の高知ライブにもぜひ遊びにきてもらいたいですね。

 


レゴビッグモール

2006年大阪にて結成。写真左より、ヤマモトシンタロウ(Ba.)、アサカワヒロ(Dr.)、カナタタケヒロ(Vo.&Gt.)タナカヒロキ(Gt.)。地元を拠点としながら、着実に精力的にライブ活動&CDリリースを展開。満を持して2008年にメジャーデビューを果たす。昨年12月にリリースしたシングル「Ray」が映画×ドラマ「赤い糸」の挿入歌に起用されるなど、今売り出し中のロックバンド。

1st Full Album「Quartette Parade」
2800円・発売中 前述の「Ray」アルバムバージョンを含む全13曲入り。現在の彼らの集大成的仕上がりに。

その他のインタビュー記事