2008年6月号掲載 Gulliver Get

やりたいことをやりつつも、みんなに受け入れて
もらえるようなバンドになりたいですね


●高知は初めて?
山田洋一(以下、山)バンドとしては初めてですね。カツオのタタキを食べましたが、美味しかったです。
アヤヲ(以下、ア)私はさっき市場で小夏をゲットしました!

●なかなか高知を満喫されているみたいで(笑)今のメンバー構成となった経緯は?
山:京都の老舗ライブハウスによく出入りしてて。そこで阪口と山本と知り合ってガリバーゲットを始めることになりました。最初はインストバンドだったんですが、レコーディングする時に声も入れたいなと思ってアヤヲにお願いしたんですよ。それがきっかけで彼女も加入して。最後に鶴田が入って今に至るという感じです。

●ミニアルバム「episode~桜の木の下で~」はどんな作品?
ア:表題になってる「桜の木の下で」は私が作詞・作曲したんですが、作るきっかけになったエピソードを山田から聞いて。
山:昔配達のバイトをしてたんですよ。配達先のおばあちゃんから、若かった頃に桜の苗を植えたという話を聞いて、その苗を植えた場所の前を通ってみたんです。そしたらそこには満開の桜があって。これを曲にしよう! と思ったんですが、思い入れが強すぎて僕にはできなかったんです。それでアヤヲにこの話をして、代わりに作ってもらいました。
ア:この曲を軸に、映画のサントラのようなストーリー性のある、映像が思い浮かぶようなアルバムにしたいなと。それで、どうせならメンバー全員がそれぞれ作曲しようということでできた1枚です。
山:今までリリースしたCDの曲はインディーズ時代に作ったものがほとんどでしたが、今回は全てデビュー後に作った曲で、そこも聴き所ですね。昔とは曲の感じが変わってきているので。

●今後どんなバンドになっていきたい?
ア:バンドとして常に変化しつつも、いいものを作っていきたいというか。やりたいことをやって、でもみんなに受け入れてもらえる作品を作り続けられるようなバンドになりたいですね。

●読者に一言
ア:残念ながら高知ではライブをした事が無いので、次回はぜひライブをしにお邪魔したいと思います。その時は足を運んでもらって、一緒に楽しんでもらえると嬉しいですね。生の私たちを見てもらいたいです。


ガリバーゲット
Bass 山田洋一(写真左)を中心としたインストバンドに2002年Vocal アヤヲ(写真右)が加わり今のバンドスタイルに。地元京都を中心に年間60本以上のライブを行いつつ、インディーズでリリースしたアルバムが話題になり、2007年にメジャーデビュー。抜群の演奏力とアヤヲの個性的な声は各方面から高い評価を得ている。

New Album「episode~桜の木の下で~」
1500円・発売中 クリエイター集団が放つコンセプトミニアルバムは、メンバー全員がそれぞれ作曲したものに、Gulliver Get名義の1曲を加えた全6曲。

その他のインタビュー記事