2013年9月号掲載 浜崎貴司

100才まで歌い続けていたい… 歌い続ける男、「浜崎貴司」

●約20年ぶりの高知ということですが、高知の印象を教えて下さい。
「鰹がめちゃくちゃうまい」という印象が一番大きいです。あと、取材前に高知城を訪れた時に特攻服を着た子ども達がいたんです(笑)。一緒に写真を撮ったこともすごく思い出になりました。
 
●なぜ20年振りに高知に?
以前から来たいと思っていたんですが、なかなか来れる活動状況ではなくて… 今回たくさんの人の力を貸して頂いてやっと実現しました!
 
●2月から全国ツアーが始まっていますが、ツアータイトルに「終わりなき一人旅」とつけた理由は?
文字通り「永遠とツアーを続けて行きたい」という意味を込めています。目標は100才を迎える52年後の2065年6月11日まで歌い続けること。僕らしい新たな伝説を作りたいと思っています。
 
●アルバム「ガチダチ」が1月にリリースされましたが、「ガチダチ」の意味とは?
今回、コラボをさせて頂いた方々の出会いが「GACHI」というイベントで出会ったということ、そこで出会った友達の「ダチ」と言う意味が含まれています。
 
●ほっとこうち読者にオススメの曲があれば教えて下さい。
中村中さんとコラボした「セナカアワセ」とおおはた雄一さんとコラボした「ウィスキー」ですね。高知の方はお酒のイメージが強いので、バーでの出会いを歌にした後者の歌なんかは特に高知との相性がいいと思います。
 
●最後に高知にいるファンに一言お願いします。
10月には高知A barにて森真美さ んをゲストに招き「弾き語りツアー 終わりなき一人旅」を敢行します。 戻り鰹と共 に 戻ってきて、のりに 乗ったライブになる予定なので是 非遊びに来てください。
 

その他のインタビュー記事