2008年4月号掲載 CHU.

これからが勝負所。CDもぜひ聴いて下さい!


●今回デビューに至った経緯は?
元々20歳ぐらいから、1人でMTRを使って全部楽曲を作ってたんですよ。その後、サラリーマンをやりながらアビーロードなどで活動してたんですが、アビーロードを立ち上げた方が岡山でライブハウスをやってまして、お呼びがかかって岡山に行ったんです。それで去年辺りから、久しぶりにMTRで作ったCDを店で販売したんですが、すぐに100枚売れちゃって。「これはひょっとしたら」と思って、幾つかのレコード会社にCDを送った結果、デビューに至ったんです。

●その記念すべき1作目「MUSIC LIFE」、ジャケットが坂本龍馬っぽいですね。
1曲目が「サムライ」という曲なんですが、やっぱり僕は高知出身だから、龍馬の行動力に影響された部分がすごくありますね。いろんな事を1人で成し遂げてるし、俺も何か出来るんじゃないかなという強い物が背中を押してくれたから、今回すごいいい方向に進んでいきました。もちろんタイミングも良かったですけどね。あと、5曲目の「MUSIC TRAIN」は、JR西日本イベント挿入歌として使ってもらってます。とにかく、20歳ぐらいから今までずっと作ってきた集大成の1枚ですね。どの曲をとっても、どこか懐かしくて聴きやすいと思います。

●今後の展開は?
高知では、4月4、5、6日にデビュー記念ライブをバックビーツでやります。これでやっと、ミュージシャンとしてスタートかなと思うんですよ。今までと違って、売れなきゃ飯が食えないですから。今が勝負所と言いましょうか。高知でもいろんな店でCDを置いてる状況になると思うので、ぜひ応援して頂きたいですね。

 


チュウ
須崎市出身。1997年に「高知ミュージックフェスティバル」のグランプリを受賞。幅広い人脈を活かして、高知だけでなく県外でもその才能を発揮し、2006年より岡山へ。以後、JR西日本のイベント挿入歌を皮切りに、NTTの光通信イベントソングや、岡山で大手の寿司チェーンのテーマ曲なども手掛けるなど、精力的に活動中。

Debut Album「MUSIC LIFE」
3月26日発売・2000円 全て1人で作り上げた、彼の軌跡が感じられる全10曲。高知ではTSUTAYA全店、タワーレコード、DUKEなどで販売予定。

その他のインタビュー記事