私のカチ飯vol.1「ほっとこうち編集長 下村三和」

FRESH VEGETABLE KITCHEN 藁屋 Waraya

高知県中部高知市

旬の高知の素材にスパイスをプラス ヘルシーでボリューミーな野菜ランチ

通称「沢マン」こと「沢田マンション」にあるカフェ。「締め切り明けの野菜ロスをここのランチで補います!」と編集長の下村。大阪の飲食店で働いていた店主・笹隼也さんが、奥さんの郷里である高知に引っ越し、店を開いたのが4年前。「直販所などで簡単に手に入る旬の高知野菜を使う手はない」と、メニューの主役に野菜を据えた。

藁屋定食(1050円) 後方中央に置かれたタンドリーポークはあくまで脇役。メインディッシュには8種類ほどの旬の野菜料理が並び、無化調にもこだわる。古代米のご飯や宗田節のお吸い物も好評。

ニンジンとクミンのラペ、ムラサキキャベツのスパイスマリネなど、素材の味にスパイスで香りを加えるのが「藁屋流」。「今スパイスがブームです」と笑う笹さんの野菜料理は、女子を中心に支持を拡大中!


【下村三和-しもむらみわ-】
ほっとこうち三代目編集長。趣味は「美味しいものを食べること」と「筋トレ」。そしてモットーは量より質、美容より健康! 「美味しい情報満載のほっとこうち公式インスタ@hotkochiと、個人インスタ@3miwa3も見てね♪」