四万十町編その①「古民家カフェ 半平」

古民家カフェ 半平

四万十町

こんにちは!
編集長の下村です。

ほっとこうち4月号から始まりました「べっぴん奥四万十へ会いに行こう」

四万十町、中土佐町、須崎市、津野町、梼原町の5市町を、
毎月ひとつずつ私が実際に取材に伺って紹介していくというコーナーです!

誌面で紹介しきれなかったスポットの魅力をwebでも紹介していきたいと思いますので、
ぜひご覧になってみてください♪♪

*********************

4月号でお邪魔したのは「四万十町」
実は四万十町は私の故郷なんです♪
窪川の大自然の中でのびのび遊び、もりもり食べて、こんなに大きくなりました♪

さて、そんな四万十町から今回紹介するのは「古民家カフェ 半平(はんぺい)」さん

場所は窪川の町中、住民なら「丸三前の五叉路」と言えば一発で分かる、
大きな交差点からほんのちょっと入った場所にあります。

つい先日、四万十町出身で幕末から明治にかけて活躍した
谷干城(たに かんじょう)の像が駐車場に建てられ話題にもなりました。
※その時の様子は「半平」さんのブログにて↓
http://hanpeikanrinin.blog112.fc2.com/blog-entry-1021.html

明治34年建築の日本家屋は風情たっぷり

訪れるだけで背筋がすっと伸びるような気持ちが自然と落ち着く場所です。


そんな中でいただいたのは「抹茶と和菓子のセット」(600円)
この日の和菓子は大好きな桜餅♪


和菓子を手がけるのは四万十町の人気和菓子店「松鶴堂(しょうかくどう)」さんで
三代目が頑張っております!(中学時代の先輩です)


窓の外には手入れの行き届いた日本庭園が広がり
静かで、趣のある風景は慌ただしい毎日を忘れさせてくれるよう…
心癒される取材でした。

*********************

次回は同じく四万十町より
「海洋堂ホビー館・かっぱ館」について
お届けします!