軟骨なのにお肉たっぷり! 「弍階屋」の「豚バラナンコツ」とは?

弍階屋

高知市中心街

 

昨日は1月号酒探偵の撮影をしました!

バロー。ボク酒探偵ですこんにちは。すでに1月号、さらには2月号が進行中ですよ。

1月号の探偵の活躍ぶりにも是非ご期待くださいね! ボクとイマハシ博士以外に登場する人がいるかも…?

 

キャッチーな冒頭が無事終わったところで、早速前回の続きから書いていきますよ〜!

訪れていたのは「弍階屋」さん。焼鳥屋さんだけどやきとんがオススメ! というお店でしたね。

 

「豚バラ」「カシラ」に続いて登場したのはこちらの串↓

「ホルモンミックス」(200円)

でございます。ちなみに写真手前の串ですね。奥は豚バラ、アバラバラ。言いたくなりません?

ミックスというだけあって、いろんな部位のホルモンが一串に集結しております。

「一体何のお肉なの〜?」

と腕時計でチェックしたところ、

「肺、すい臓、腸、胃袋、膀胱ナドデス。」

と後ろの方でご主人が言ってました。ノリがいいですね。

もちろんそれぞれ食感や味わいが違って、イイ! これイイ!

 

「コチラモオススメデスヨ〜!」

とご主人。時計のクセが抜けていません。

「焼とんそく」(400円)

豚足といえば煮込んで食べることが多いかと思いますが、こちらはその名の通り炭火で焼いております。煮込みはトロッとした食感ですが、こちらはネットリトロリ… といったところでしょうか。なんとも言えぬ食感と味わいでクセになる! 柚子胡椒やタレを付けて食べるとより美味! 翌日お肌がツルツルになりました。(探偵談)

「すっごく美味しいけど、ボク喉渇いちゃったよー…」

ということで、ドリンクでオススメの「ぶ酎ハイ」をオーダー。ぶしゅかんのシロップを使った酎ハイで、お口の中をさっぱりとしてくれます。

そしていよいよ真打登場! 店一番人気だという

「豚バラナンコツ」(250円)

でございますー!

「あれれー、ナンコツなのにお肉たっぷりだよー⁇」

ナンコツはナンコツでも、豚バラ付近にある「パイカ」と呼ばれる部位だそうで、ほろほろとした食感と共にお肉の濃厚な味わいも楽しめる、一度で二度美味しい串なんです。

「こりゃあ一番人気も納得だね!」

よっぽど暇な時で構いませんので、良かったら動画も見てみてください。

 

気を取り直しまして…

この後もいろんな串を食べました!

「タン」(150円)!

コリコリ分厚くて、食べ応えたっぷり!

さらにドン!

「朝どれきも」(200円)!

こちら豚ではなく、鳥の肝です。新鮮だから軽く焼き上げて。プルプルたまりません!

きものほか焼き鳥も美味揃い! やきとんと一緒にご賞味ください。

 

といったところで、今回はこの辺で。次回もお楽しみに〜!

 

Next Nagasawa’s HINT!

「マグロ!ご期待ください!」