2012年1月号掲載  平井大

平井大の愛がギュッと詰まったアルバムを、ぜひ聴いてください!!

●初来高とのことですが、高知の印象は?
高知は南の島のイメージがありますね。今回は、滞在時間が少なく観光できていないのが残念です。今度高知に来た時は、サーフィンでもしたいです。

●ぜひ、お待ちしております! まずはじめに、ウクレレを始めたきっかけを教えてください。
3歳の誕生日に祖母からウクレレをプレゼントされたのがきっかけです。それから、自然とずーっとウクレレを弾いていましたね。途中、ピアノやギター、ベースも弾いてみたんですけど… やっぱりウクレレが1番です!!

●17歳までウクレレプレイヤーとして活躍した後、シンガーソングライターとしての活動を本格的に始動しましたね。
はい。サーフロックのバックバンドとして活動していた時に、バンドのメインボーカルを見てカッコイイって思ったり、今まで耳にしてきたいろいろな音楽に影響をされてきた中で、表現する方法が変化していきました。今まではウクレレでどれだけ自分の気持ちを表現するかが勝負だったんですけど、自分の言葉で、気持ちを伝えていきたいと思うようになりましたね。

今発売している「折り花」は「愛」をテーマにしているとのことですが…
今まで音楽を頑張ってこれたのも、周りの人からのラブや家族、友人、女性などいろんなラブを受けてきました。今の自分があるのもラブのおかげです。アルバムは4つの愛をテーマに構成されていて、1つ目は、ウクレレをプレゼントしてくれた亡き祖母に贈る、家族愛溢れる「愛しい人へ贈る愛の歌」。その他には、「大好きな彼女へ贈る愛の歌」、「勇気を与える愛の歌」、「子供たちの未来の幸せを願う愛の歌」と自分が持っている、ありったけの愛を詰め込んています。「最近ラブが足りないな~」と思っている人にこそ、ぜひ聞いて欲しいです。





平井大●ウクレレと自身が影響を受けたブラックミュージックのテイストがミックスされた独特のサウンド、それに透明感溢れる歌声が絡み合う若干20歳の新鋭アーティスト・平井大。ハワイ最大規模のイベント「ホノルルフェスティバル」のオフィシャルイメージソングに2010・11年の2年連続で大抜擢されるなど注目を集めている。New Album「折り花」1300円・発売中 愛をテーマにしたアルバムは、ときに穏やかに、ときに感情的に、ピュアな思いをキャッチーなメロディに乗せリスナーの心を魅了する。

 

その他のインタビュー記事