2011年6月号掲載 Aqua Timez

過去の中でも最高傑作のツアーになるので、ぜひ会場にお越し下さい!

●アルバムを引っさげての高知ライブ敢行となりますが、アルバムのタイトルを「カルぺ・ディエム」としたのは?
太:アルバムに収録した曲のタイトルでもあるんですがこの曲が、今のAqua Timezのド真ん中だと思ったし、この楽曲が持つパワーを5人とも信じているのでタイトルにしました。

●カルペ・ディエムという言葉は、どんな意味ですか?
太:「今日という日の花を摘みなさい、今この瞬間を楽しみ、今という時を大切に使え」という意味です。

●「メメント・モリ」という曲もありますが、カルペ・ディエムと同じような意味ですよね?
太:タイトルの内容としては似ているんですが、こちらはラテン語で「死を思う」という意味があります。歌詞も音もすごくシンプルに、ただ激しく生きる事を純粋に歌っている曲です。

●ところで、5人もメンバーがいると、やはり好きな音楽のジャンルも違いますか?
T:はい、みんなバラバラですね。僕たち2人も違いますし。
太:うん! 全然合わん!(笑) でも、音楽をいろんな面から捉えられるという良い面もあります。
T:あと、キーボードのmayukoがお母さん的存在で、男性メンバーのいい加減なところや、みんなの話をビシッとまとめてくれます。
太:時には「ちゃんとしなさい!」と怒られることもあるんです…(笑)

●なるほど(笑) では最後に8月3日の高知ライブに向けて意気込みをお願いします。
T:進化した僕たちを楽しみに待っていてください。あと、毎回高知公演ではよさこいを踊ったりと、高知ならではのネタを用意しておりますので、こちらもお楽しみに。
太:高知ライブは、全国ツアーの中でもスペシャルな内容になると思います。僕たちのライブにきて、「明日からもがんばろう!」と思えるようなライブを届けます。

Aqua Timez ●アクア タイムズ
写真左より、TASSHI(Dr)、太志(Vo)。人間の喜怒哀楽を熱く、優しく歌うボーカル太志を中心に、洗練された演奏で心地よく力強いメロディーを表現するロックバンド。あらゆるジャンルの枠を超越し、かつ打ち込みを駆使しするなど、ほかのバンドとは一線画す表現方法を誇る。独特の雰囲気を持つエモーショナルなステージングは多くの観客を魅了してしまう。

New Album
「カルペ・ディエム」●3500円・発売中 映画やCMソング、アニメのオープニングテーマなど進化し続けるAqua Timezのサウンド体感できる、キラーチューン満載な1枚。

 

その他のインタビュー記事