4月にリニューアルした道の駅「四万十とおわ」で、地元グルメに舌鼓

道の駅 四万十とおわ

グルメ四万十町

今年4月にリニューアルした道の駅「四万十とおわ」。こちらの食堂でいただけるのは、四万十の旬の食材を使った食事の数々。

写真の「秋の十和かご膳」(1580円)は、今が旬の四万十栗の栗ご飯、四万十ポークの肉団子、四万十青のりうどん…、と地元愛溢れる内容で、「十和」にちなんで10種類の料理が盛り込まれている。味はもちろん、目でも楽しめる仕上がりとなっているので、SNS用の撮影もお忘れなく! ※数量限定、食材の入荷状況により内容が変更になる場合有り

こちらは、四万十川の天然うなぎ(下段)と、四万十町産の養殖うなぎ「四万十うなぎ」(上段)の食べ比べができる「天然うなぎと養殖うなぎの食べ比べ重」(時価)※天然うなぎが入荷時のみ提供

また、注目商品は物販コーナーにも多数。中でも、今年4月に新登場した「しまんととおわサブル」(各400円)は、極上のサクほろ食感が絶品! 現在は山塩をはじめ、しまんと緑茶など4種類のラインナップだが、今後新作も発売予定とのことなので、要チェック♪

この他にも、四万十川流域の物産を揃えた産直市や、併設する「おちゃくりcafe」、スリルと爽快感を味わえる「四万十川ジップライン」など見どころ満載。四万十町へ訪れるなら、ぜひ足を運んでみて!