世紀を跨ぐ創業100年のパン屋 「岡松製パン店」

岡松製パン店

グルメ安芸市

昭和歌謡にハマりすぎて、移動中は中森明菜さんメドレー! 編集課の水野です。

今回は、レトロな商品が並ぶと噂のパン屋さんに行ってきました!

 

 

やってきたのは安芸市。古き良き街並みがまだ残る通り沿いにある「岡松製パン店」。

元々は先代が安芸市でお菓子などを販売していたことをきっかけに、その後パンの製造業を開始。遡れば創業100年以上、現店主は7代目になるという歴史あるお店です。

 

 

店に並ぶ沢山のパンは、安心安全なパンにこだわった昔から変わらないパン。早朝から続々と焼き上がり、店頭はもちろん安芸市の道の駅など、町の様々な場所に配達されます。

パンの狙いどきは朝の9時ごろだそうですよ!

 

 

取材時に出会ったのは、焼き立ての食パン。「食パンを求めて、わざわざ市内からも買いに来る方がいるんですよ」と、熱烈ファンもいるほど。電話での事前予約もOKと、店長さん。

 

ここで、現在7代目を務める店長のお母さんにあたる6代目奥さんに、おすすめの商品をピックアップしていただきました。

トレイにのせてくれたのは「揚げパン」「ハンバーガー」「アップルパイ」「みそまん」。中でもイチオシの「みそまん」は味噌を練り込んだ優しい味わいのお饅頭で、安芸市では知らない人はいないほどメジャーなおやつ! これは訪れたら買わないといけませんよ!

 

 

私がなによりテンションが上がったのが、ドレインチェリーを使ったおやつ。平成生まれの私は絵本で見たこのおやつにずーっと憧れがあったので、見つけた瞬間感動。「これはなかなかないと思いますよ〜!」と店長さんもおっしゃっていました。

クッキーのほか、バターケーキやマフィンもありました♪

 

いかがでしたか? 世紀を跨いでも、安心安全で変わらない味を提供し続ける岡松さん。

足を運んだ際には、レトロなお店の雰囲気も楽しんでくださいね!