〈レトロカフェ〉週末の楽しみ、私だけの秘密の空間

西町の隠れ家カフェ 野原のオルガン

グルメ高知市

週末の楽しみ、私だけの秘密の空間

「時を経た昔のものにはそれぞれの表情があるから好きなんです」という店主。店内にはレトロなシャンデリアやカップなどが飾られている。

 

住宅街の一角にひっそりと佇む、ハーブに囲まれた「野原のオルガン」。重厚なアイアングリルのドアを開けると、外観からは想像もつかない高い天井と、アンティークな小物が散りばめられたお洒落な空間が出迎えてくれる。メニューをリニューアルし現在は軽食、デザート、手淹れのコーヒーや季節限定の紅茶などを提供。ランチ後のティータイムにぴったりな内容。ゆったりとしたくつろぎの時間を過ごさせてくれる。メニューはその日によって変わるので、Instagramをチェック! 1人営業の為ため提供までに待ち時間がかかることもあるので、余裕を持っての来店がおすすめ!

 

こちら「四万十れんこん、たけのこ芋、帆立のグラタン」。この日は有機ナッツたっぷりの焼き立てソーダブレッド付きで1200円〜。

 

「栗のベイクドチーズケーキ」(350円)と「スコーン」(250円)。

 

生ハムとチェダーチーズをサンドした「ホットサンド 小さなおかず付き」(550円)。

 

この日のデザートの「栗とコーヒーゼリー」(650円)。

 

 

ここが素敵!

ヴィンテージカップで1杯を

「アイリッシュコーヒー」を注文すると、ヴィンテージカップで提供してくれる(混雑時は提供不可)。

レトロなオルガン

20年近く前に店主が出逢ったオルガン。音は出ないが雰囲気があり、お店のシンボル的な存在。