養鰻場が営むうなぎ屋で ふっくら柔らかい蒲焼きを頬張る至福のひと時…

うなぎ屋 きた本

グルメ南国市高知県中部

吉川漁港のほど近くにある創業約40年の老舗うなぎ屋。店の隣には養鰻場があり、こちらの直営店となるだけに、うなぎの美味しさは間違いなし。

主に隣の養鰻場で手塩にかけて育てられたうなぎを使って蒲焼きにした「うなぎの蒲焼き(大)」(テイクアウト2400円、イートイン2300円)。関東風の仕上がりで、あっさり&ふっくらとした味わいと食感が特徴。ご飯にもお酒にもよく合う。

もちろん焼きも流石の一言で、白焼きにしてから蒸した後、特製のタレに3、4度くぐらせながら炭火でじっくり焼き上げるのが「きた本」流。蒸すことで余分な脂を落としつつ、身はふっくらと。タレもキレのある味わいに仕上げているため、さっぱり味が心地よいと大人から評判を呼んでいる。

一番人気の「竹 うな重(大)」(3400円)。竹はうなぎの肝吸い付きで、肝吸い無しの梅も用意。蒲焼きや白焼き、さらに持ち帰り用の弁当もあるので、お土産にぜひ。

最後まで飽きることなく、ペロッと食べてしまうことだろう。白焼きをつまみにビールを頂くのも大人ならではの楽しみ方。