いの町民青春の味「中嶋製パン所」

中嶋製パン所

グルメいの町

こんにちは! 毎日佐川町から通勤しています、編集課の水野です。

今回はいの町で長年パンを販売している「中嶋製パン所」さんのご紹介ですよ〜!

 

 

高知県民なら1度は通ったことがあるだろう、いの町の国道沿い。緑の看板が目印のお店です。

佐川町民の私。通るたびに不思議なオーラに圧倒され、足を踏み入れられずにいましたが、満を持していざ入店!

 

 

パンは創業から72年たった今も、ショーケースに入れて販売するレトロなスタイル。

 

 

「食パン」をはじめ「揚げパン」や、いろんな具材が入ったコッペパンなど、昔と変わらない「中種法」でじっくり作られたパンがたくさん並びます。

 

 

そして全てオリジナルの包装紙で包むのも長年のこだわり。

 

過去に、町内の高校の売店で販売していたこともあり、そのとき学生だった方が今大人になって、この味を懐かしく感じ買いに来ることも多いんですって。まさにいの町民・青春の味なんですね!

 

そんな青春の味、私ももちろんいただきました!

 

まずは看板メニューの「サラダパン」(150円)。春雨にきゅうり、ゆで卵に、これでもか! と入れた濃いめの胡椒がポイント!

パンはフワフワで優しい味だけれど、後からくる胡椒の味が衝撃的! これはハマる人が多いのも納得。

 

 

そして、私が一番感動したのが「あんバター」(180円)。あんこはなんと、窯で炊いているという店主さん。これも昔ながらの製法。

大きめで食感の残る優しい甘さのあんこに、塩気のあるバターが絶妙なバランス。月日が経った今も、あの感動の美味しさを思い出すほどおいしかったです。(はやくまた買いに行きたい...)

 

「中嶋製パン所」さんはインスタグラムで、新しいパンの情報なども発信中!

ぜひ一度訪れてみてください〜! 国道沿いですが、手前の踏切を渡った先、右手に駐車場も完備されていますよ♪