究極のラーメン探訪「新中国料理 彩華」

新中国料理 彩華

グルメ高知市

新人編集スタッフ 竹内蓮馬
別冊「究極のラーメン弐」発売に合わせて、編集を担当した新人スタッフが、
毎月のテーマに沿った「自分が思う究極のラーメン」を求めて高知のラーメン店を探訪!
今回のテーマは「辛麺」

 

 

 

新中国料理 彩華 ●さいか

本場の辛さが味わえる
辛旨な一杯

僕が今回食べた担々麺は、ほうれん草が練りこまれた翡翠麺を使っており人生初の体験でした。ピリピリとくる辛さとゴマのコク深いスープを堪能しながら完食。翡翠麺とスープ辛旨のハーモニーが味わえる一杯です。次はご飯ものも食べてみたいと思います!

坦々麺/1000円